活動ブログ

瑞鷹東肥蔵での炊き出しコンサートでした。。

追悼の意味を込めて、G線上のアリアから演奏は始まりました。
川尻の瑞鷹の酒蔵の二階に、仙台フィルの音楽が染み通ってゆく。

6年前の東日本の地震の二週間後には、地域の為に音楽による復興活動を始めた仙台フィルのメンバーは、それから700回の復興演奏を続け、そのページに熊本地震の復興演奏が加わった。今日は小学校や老健施設を周り、夜はここ。
歴史の香りのする川尻が舞台になった。
北のモリの都、仙台から、南のモリの都、熊本に、幸せと、一足早い春を運んで来てくれました。

協力アーティスト:
仙台フィル

協力:
仙台市

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。